AGE年齢べつ

〈なんこあるかな?〉 論理性が伸びる – 3~4歳ごろ向け

☆彡 この遊びは・・・

論理性(すいりめいじんゾーン)が伸びる遊びです。

数の名前が順番通りに言えても、数が数えられるようになっているとは言えません。

「数えて数を確かめる」ことを遊びながら伝えましょう。

 

☆彡 準備するもの

以下の例を参考に揃えましょう

同じ形のモノを10個くらい(おはじき、キャンディ、ブロックなど)

数を数えるときに指す棒(指でもOK)

 

☆彡 さあはじめてみよう!

こどもと一緒に数を数えてモノの個数を確かめる遊びです

 

☆彡 観察・働きがけのポイント☆

☑ 数えるときは、そのものを指し棒や指で指し示しながら数えましょう

☑ 同じ数でもぎゅっと集めて置いているものを「多い」といったり、

ばらけておいているものを「多い」と言ったり、3歳前後のこどもは見かけに左右されることがあります

☑  正しい数が言えることよりも、数を確かめる手続きを遊びながら伝えましょう

 

 

 

 

 

キャンディを横一列に並べて数えやすくしましょう

 

 

 

 

10まで数えられるようになると「10個!」といいたくなったり、

言いやすい数を言ったりすることがあります

 

 

 

 

 

一つ一つ指しながら一緒に数を言いながら数えます

 

 

 

 

 

 

 

応用編:同じものを使って数の違う2つの集合をつくって「どっちが多いかな?」

比べるために数えてみましょう。

「こっちは7個」「あっちは5個」と「こっちが7個だから多い!」と数える遊びをしてみましょう。